目次
神経魔術師バナー
飾り線

#09


<夜間:休憩所 個室にて>

魔術師

……。

日中の喧騒が嘘のように静かだ。

蝋に灯した明かりを頼りに、文字に目を通し、頁に指をかけ、めくる。
半刻前から そうして自前の書物に意識を向けていたが――――

魔術師

(まぁ、俺だけの部屋じゃないんだよな)

開いていた魔導書をおもむろに閉じて、
規則正しい呼吸の聞こえる背後に向かって口を開いた。

魔術師

おい。

ヤブ

…………。

魔術師

まだ起きてんだろ。
用があるなら、そっちから話しかけりゃいーんじゃねぇのか。

ヤブ

んー…。
*もぞもぞと身体を起こし、目元を擦りながら腰掛けている魔術師へ向いて*

すみませーん、気を遣わせて。他人と同室での寝るのが久々でー…緊張して寝れなくって。

魔術師

んな小せぇタマしてたらチンピラに金をガメらねーよ。
つーか大方、森でミオラをハメたのもあんたなんだろ。

ヤブ

えー、ハメたって何の事っすか?
初対面で下ネタトークはちょっと

魔術師

とぼけんなよ。
*椅子の背もたれを掴みながら振り返り、相手を見据える*

このだだっ広い平原で定期便も通らねぇ日に、俺らと同程度にココに着くのは…あのチンピラ同様、森を通ったヤツにしかできないからな。

ヤブ

…………。

魔術師

目ぇ合わせた時も魔力飛ばしてきたし、横になっても魔衣まぎぬ 解除してねぇし…。 医者のフリしてるが、同業だろ。お前も。

ヤブ

……はえー、どっちもバレてたんすねー。
神経魔術師かはともかく、てっきりおたくも、初クルムラドのおのぼり冒険者かと思ったんすけど。
案外土地勘がおありのようで。

で、どうするんすか? 俺が真犯人だーって、ミオラちゃんたちに教えるつもりでも?

魔術師

別に。あいつは会ったばかりの他人だしな。
あっちに着くまでの行きずりで、律儀にしてやる理由もねぇよ。

ヤブ

へぇー。
それなのに、わざわざ俺に話しかけて真偽を探るなんて、おたくも物好きっすね。

魔術師

…………。

ヤブ

ま、お互い後ろめたいことがあるなら、これ以上探るのは よしときましょっか!
*ひらひらと手を振り、再び寝台に横になったかと思えば振り返って*

あ、一応言っとくと、昼にあんたらに言ったこともほんとなんで!
ミオラちゃんをどうこうしたがってたのは依頼主で~、俺自身は別に~。かわいいっすけどね。

魔術師

そっちのほうがタチ悪いじゃねーか

ヤブ

ウラオモテがなくていいっしょ?

魔術師

胡散臭いの間違いだろ。

ヤブ

まーまー。
とにかくおたくらに何かする気は毛頭無いんで、冒険者同士仲良くしましょ! おやすみなさーい。

ヤブ

*スヤァ*

魔術師

(寝るの早いな)

本を読んでいた時には常に感じていた、
ヤブを包む魔力も薄れていくのがわかる。

宣言から間もなく寝息を立て始めたヤブを見下ろし、
小さく息を吐いて立ち上がって

魔術師

(向こうも俺を警戒してたみたいだが…、追手じゃないならそれでいい。)

魔術師

俺も寝るか…。

自身の寝台まで移動してばたりと身を預けると、
大雑把に布を被り、目を閉じた。